「トレンドアフィリエイトはどんなビジネス?」「どんな作業をするの?」をはじめとする「」に答えます!事前準備もこちら
トレンドアフィリエイト実践において、まず最初に身につけたい基礎的なスキルはこちら
『そのノウハウはいつのものですか?』メルマガ限定公開!現役トップアフィリエイターのノウハウを手にいれる

絶対外さないトレンドアフィリエイトのネタの探し方

絶対外さないトレンドアフィリエイトのネタの探し方

こんにちは、椎名愛です。

今回は、絶対に外さないトレンドアフィリエイトのネタの探し方についてシェアしていきたいと思います。

トレンドアフィリエイトのネタの探し方は実は意外とシンプルで、難しく考えれば考えるほど混乱してしまい、結果、『ネタがない・・・』と思ってしまうという状況に陥ってしまいがちです。何時間もいろいろなサイトでネタを探したあげく、結局いつまで経ってもネタが決まらないという状況は、初心者の方なら誰でも思い当たると思います。

今回お伝えするトレンドアフィリエイトにおけるネタの探し方は、基本的に初心者であろうが月収100万円超えレベルでも同じです。椎名流の外さないネタの探し方をお伝えしていきます。

ブログにアクセスしてくるユーザーは誰なのか?

まずはじめに、あなたのトレンドブログを訪問するユーザーが、どういった人たちなのか?ということを明確にしましょう。以下の図を見てください。

以上の図のように、あなたの記事を訪れるユーザーは『元ネタを知った人たち』です。その中でも何割かの人が、その元ネタに対し関心を持ち、実際に検索します。そしてさらに『関心を持ち、検索する人たち』の中の何割かがあなたのブログを訪問してくれることになるんですね。

ここで1番重要なことは、『元ネタを知った人たち』の数と『ブログを訪問する人たち』の数との間にはかなりの差が生じるということ。『安室奈美恵が2018年に引退する』という国民の大半が知っているようなニュースでも、『引退コンサートに行きたい』『具体的な引退する日は?』『引退の理由は?』などという関心を持ち、実際に彼女の引退報道に対して検索という行動を行う人たちは、ニュースを受け取った人たちの数と比較すると微々たるものになってしまうということです。

もちろんですが、元ネタを知らない人たちは検索しないので、ブログは訪問しません。

ということは、トレンドアフィリエイトのネタの探し方において最も重要なことは、起点となる『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうと推測されるネタを探すことであると言えますね。

ユーザーはネタ探しをしていない

トレンドアフィリエイトのネタの探し方において、最も重要なことが、起点となる『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうネタを探すことであることをお伝えしました。

では次に、『元ネタを知った人たち』がどうやって元ネタを知ることになるのかという点を確認していきましょう。

ここでの重要なポイントは、普通の人たちはネタ探しをしていないということ。普通に生活している上で、たまたま配信されたネットニュースであったり、たまたま見ていたテレビ番組やニュース番組がネタを知るきっかけとなっています。したがって、普通の生活をしている上で、自然に情報が入ってくるレベルの大きな露出があるネタを探す必要があるということになりますね。

なかなかピンとくるネタが見つからず、多くの人が見ないようなコアなメディアでネタ探しをしている人がいます。ネタ探しジプシーのような状態です。私たちはトレンドアフィリエイトのネタ探しをしているので、些細なニュースも目に入りますが、一般の人たちはそうではありません。

常日頃から、コアなメディアを見ているという人たちはごく限られた数であるため、前述した起点となる『元ネタを知った人たち』の数が圧倒的に少ない状態です。元々の数が少ないため、その中から『関心を持ち、検索する人たち』はさらに少なくなり、検索結果に表示されたあなたの『ブログを訪問する人たち』はさらにさらに少なくなります。

それでは、普通の生活をしている上で、自然に情報が入ってくるレベルの大きな露出とは一体どのようなことを言うのでしょうか?解説していきます。

トレンドアフィリエイトのネタの探し方はシンプル!

トレンドアフィリエイトのネタの探し方において重要なことは、『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうと推測されるネタを探すことで、それが自然と普通の生活をしている上で、自然に情報が入ってくるレベルの大きな露出になることをお伝えしてきました。

それらに該当するネタを見つけることができるのが、Yahoo!ニュースとテレビ(番組表)です。なぜなら、この2つは他のメディアと比較にならないくらい、日常的に見ている人の数が多いからです。したがって、Yahoo!ニュースとテレビ(番組表)は、『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうと推測されるネタという条件をクリアしています。

また、スマホ・アプリの普及により、自らYahoo !ニュースにアクセスしなくても情報配信され、目に入ることが多々あります。今、この記事を読んでいただいている方の中にも、スマホにたまたま表示されたニュースが気になり、ページを開いたことがある方も多いでしょう。

加えて、テレビもそうですね。特に観たいものがあるわけでもなく、日常的にテレビをつけているという人は多いです。普通の生活をしている上で、自然に情報が入ってくるレベルの大きな露出という点も満たしていますね。

トレンドアフィリエイトのネタをネット上の様々なメディアを渡り歩き、探している方も多いでしょうが、チェックするサイトはYahoo!ニュースのみで大丈夫です。なぜなら、すでにYahoo!ニュース自体が様々なメディアが配信しているニュースの中から、話題性や世間の関心度を基準にYahoo!ニュースとして掲載するニュースを選んでくれているから。

産地を回って食材をいちいち探して回らなくても、市場に行けば新鮮な食材が豊富に揃っている状態と同じような感じです。したがって、Yahoo !ニュースに良いネタがない(たまたまチェックした時間帯により、ないということはあるかもしれません)ということはまずないので、Yahoo !ニュースを見てもピンとくるネタがないという方は、ネタ選定のスキルがまだまだ未熟である可能性が高い(世間の関心と自分の関心との間に溝がある)です。

毎日5記事以上書いている方は別として、1日に2〜3記事程度のネタ探しなら、Yahoo !ニュースで十分探せます。Yahoo !ニュースから必ず1記事は書くなどのノルマを決めてもいいと思います。

絶対外さないトレンドアフィリエイトのネタの探し方まとめ

トレンドアフィリエイトのネタを探し方として満たさなければならない条件が、以下の2つです。

  • 『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうと推測されるネタ
  • 普通の生活をしている上で、自然に情報が入ってくるレベルの大きな露出があるネタ

テレビ番組からネタを探すときは、『東京』の番組表から探してください。全国放送ではない番組は『元ネタを知った人たち』の数が多いであろうと推測されるネタという条件を満たせないからです。

以上をまとめると、トレンドアフィリエイトのネタの探し方は、まずYahoo!ニュースをチェックし、どうしてもいいネタが見つからない場合はテレビ番組から探すというやり方になります。

Yahoo!ニュースにもテレビ番組にもいいネタがないということはないので、ここから見つけられない人が他のメディアをいろいろ探しても時間の無駄です。

『自分的にあまりピンと来ないけど、これかな?』というものをどんどん書いてみる。上位表示されていて、キーワード的にも間違っておらず、アクセスがないということはネタ選定ミスなので、『こういうネタは世間的にはあまり検索されないネタなんだな』と自分の中にストックしていく。アクセスが集まれば、『こういうネタはアクセスが集まるんだな』と次回のネタ選びに生かしていく。この繰り返しで、ネタ選定のスキルはどんどん上がっていきます。

ネタの探し方がいまいち分からず、時間だけが過ぎていく・・・という方は、Yahoo !ニュースとテレビ番組だけから探すというやり方に変えてみてください。

私も最初の頃こそいろいろなメディアでネタ探しをしていましたが、実践2ヶ月目から現在までで、Yahoo !ニュースとテレビ番組以外のところでネタ探しをしたことはないかもしれません。この2つさえチェックしていれば、稼げるネタは必ずあります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)