「トレンドアフィリエイトはどんなビジネス?」「どんな作業をするの?」をはじめとする「」に答えます!事前準備もこちら
トレンドアフィリエイト実践において、まず最初に身につけたい基礎的なスキルはこちら
『そのノウハウはいつのものですか?』メルマガ限定公開!現役トップアフィリエイターのノウハウを手にいれる

厳しいアドセンス審査に11月早々2名のコンサル生様が合格!対策と傾向は?

厳しいアドセンス審査に11月早々2名のコンサル生様が合格!対策と傾向は?

こんにちは!椎名愛です。

 

2016年11月の初日の昨日、

コンサル生さま2人が立て続けにアドセンス審査に合格されました!

まるで自分のことのように嬉しく、

喜びをコンサル生さまとともに噛みしめる1日となりました。

 

ますます審査基準が厳しいものになってきている

Googleアドセンスの審査基準を満たすブログについては以前からお伝えしてきましたが、

今回アドセンス審査に合格された

2名のコンサル生さまのブログで対策として行ったこと、

またお2人の審査合格で見えてきた

2016年11月時点のアドセンス審査の傾向についてシェアしていきたいと思います。

 

厳しいアドセンス審査に迷える子羊たちの交流の場、アドセンスヘルプフォーラムは見るな!?

 

最新のGoogleアドセンス審査基準についてのお話の前に、

ひとつだけアドセンスヘルプフォーラムについてお話したいと思います。

 

アドセンスヘルプフォーラムとは、

Googleアドセンスが提供している

他のアドセンスユーザーと情報交換ができる場のこと。

 

いわばYahoo!知恵袋のような感じで、

質問を書き込むと

他のユーザーが質問に対する答えを書き込んでくれるという場になっています。

 

アドセンスヘルプフォーラムとは?使い方を間違えると危険な諸刃の剣に…

ご存知の通り、

Googleアドセンスの審査基準は公表されていません

 

アドセンス審査に不合格だった場合、

不合格だった理由が明記されたメールが届きますが、

その不合格だった理由は

コンテンツ不足ポリシーに準拠していないなど漠然としたもので、

『具体的にあなたのサイトのこの部分をこう修正してください』というものではありません。

 

したがって、

『不合格になったけどどこをどう修正すればアドセンス審査に合格できるのかがわからない』

という方が爆発的に増えているわけです。

 

とは言っても、

『Googleさん、私のブログのどの部分が

審査基準を満たさなかったんでしょうか?』

と質問できないので、

その疑問解決の場として

前述のアドセンスヘルプフォーラムが活用されているわけです。

 

ここでひとつ頭に入れておきたい点があります。

それは、アドセンスヘルプフォーラムで回答している方たちは

アドセンス審査をしているGoogleアドセンスのスタッフではないということ。

 

つまり、アドセンスヘルプフォーラムに書かれていることは、

正しい情報ではない可能性もあるということなのです。

 

『アドセンス審査に合格するためにはある程度のアクセス数が必要なので、

アクセス数が増えてくるまでは審査に出さないほうが良い』

『改行は多用しないほうが良い』

『サイドバーのカテゴリーの横には必ず記事数を表示させること』

『発リンク・動画はNG』

 

以上はアドセンスヘルプフォーラムに

実際に寄せられていた回答者からの投稿です。

 

個人的な意見を言わせていただくと、

以上の要素は正しくもあり、間違いでもある。

 

アドセンスの審査はそんな小手先の対策を施せば

合格できるような類のものではありませんし、

アドセンス審査スタッフもそんなレベルのことを

審査しているわけではないと思っています。

 

ある経緯がありアカウントにログインできないといったような場合、

アドセンスヘルプフォーラムはとても有益な場です。

 

しかし、最近多いのが

『アドセンスヘルプフォーラムにはこう書いてありましたが本当ですか?』

といいたご質問です。

 

中にはアドセンスヘルプフォーラムの情報に情報に惑わされ、

サイトに修正を加え続けた挙句、

合格基準からかけ離れたものになってしまった・・・という方もいらっしゃいます。

 

まさに迷走の状態です。

 

アドセンスヘルプフォーラムはとても有益な場ですが、

アドセンス審査基準に関しての情報は

一般の人が推測で質問したことに対して

これまた一般の人が推測で回答している場であることを頭に入れ、

話半分で見たほうがよいと私は思います。

 

厳しい新基準を満たしアドセンス審査に合格したい人がやっておきたい対策 その1

前置きが長くなってしまいましたが、

2016年11月以降、アドセンス審査に合格したい方が

やっておいたほうがよいと私が考えている対策をご紹介します。

 

サーチコンソール・アナリティクスとの連携

アドセンス審査に出す予定のブログを

サーチコンソール・Googleアナリティクスと連携させておきましょう。

 

技術面に弱い方は多少難しいかもしれませんが、

詳しいやり方はネット上で提供されていますので参考にしてみてください。

 

サイトマップの送信と設置

サーチコンソールとブログを連携させることで

ブログのサイトマップをGoogleのクローラーに送信することができます。

 

サイトマップとはいわばブログの地図のようなもので、

クローラーが把握しやすいように送ってあげるサイトマップと、

ユーザーがブログにどんな記事があるのか一目でわかるように

目次として設置してあげるサイトマップの2種類がありますので、両方してくださいね。

 

ユーザー向けにブログに設置するサイトマップは

プラグインで簡単に作成することができます。

 

サイトマップを作成したら、

グローバルメニューなどブログのわかりやすい位置に設置しましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-16-32-54

 

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーとは

ブログを訪れるユーザーに対するプライバシーに関するお知らせです。

 

プライバシーポリシーのブログ設置に関しては、

Googleアドセンスポリシー内に記載がありますので確認しておきましょう。

 

詳しくはGoogleアドセンスのプライバシーポリシーに関する項目を参考にしてください。

 

カテゴリーの設置

ブログの記事は訪れたユーザーが

記事を探しやすいようカテゴリー分けしましょう。

 

 

見出しの設置

ユーザーがわかりやすいよう、

記事は複数の項目に分け、それぞれ見出しをつけ構成します。

 

この記事のように、

複数の項目を挙げて順番に説明するような構成になっている場合は、

  • ただ延々と書いていく
  • 見出しの部分を見出しにせずに色をつけて目立たせる
  • 見出しの部分を見出しにせずに箇条書きにする
  • 見出しの部分を見出しにせず文字を大きくする

とはせずに見出しとして構成してください。

 

例えば文字数を大きくすることで

見出しがわりにしている方もいらっしゃいますが、

ユーザーから見れば同じでも、

クローラーから見れば<h>タグでくくってあるか否かは違います。

 

上記のような箇条書きの場合も、

『・』や『◆』といった記号を使うのではなく

ワードプレスの投稿画面にある『番号なし(付き)リスト』を使ってください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-16-52-10

 

厳しい新基準を満たしアドセンス審査に合格したい人がやっておきたい対策 その2

設定に関する対策をご説明してきましたが、

それよりも重要視されているもののうちのひとつが記事のオリジナリティです。

 

ネット上にどれだけ似通った記事が存在しているのか?

コピー記事ではないのか?は簡単に調べることができます。

 

ネット上の寄せ集め記事、まとめ記事では

どうしてもほかのページと似通ったものになってしまう点は否めません。

 

ネット上の情報をまとめたうえで、

自分の意見や感想をどれだけそれに付随させることができるかが

アドセンス審査の肝になってくると私は考えています。

 

アドセンス審査に関するブログの作り方の記事でもお伝えした手順に沿って、

ブログ開設の段階からコンセプトを考え、作っていきましょう。

 

厳しい新基準を満たしアドセンス審査に合格したい人がやっておきたい対策 その3

いくら記事のオリジナリティが高いことが

アドセンス審査において評価が高いからと言っても、

以前の基準のような日記風の記事ではNGです。

 

前述の記事のオリジナリティはあくまでも付加価値で、

メインはいかにユーザーにとって有益なコンテンツであるかという点。

 

ただただユーザーの利便性と、ユーザーにとって有益な情報の提供を追求し、

画像・引用・発リンクなどを適所でつかいながら

記事を構成していきます。

 

2016年11月時点アドセンス審査の傾向は?

Googleアドセンス側としては

ブログの訪問者がいないと広告を表示できず

結果自社の収益に結びつきませんので、

アドセンス審査にもある程度のアクセス数が必要だという考え方があります。

 

このことに関しては私も否定はしませんが、

アクセス数を稼ぐためには上位表示が必要不可欠で、

作りたての独自ドメインブログで

しかもユーザーの利便性とオリジナリティを再優先しているアドセンス審査用ブログが

アクセス数を稼ぐのは難しいです。

 

アクセス数とユーザーの利便性とオリジナリティが必ずしもイコールでないことは

アドセンス審査スタッフも理解していると思われます。

 

ですので、ユーザーの利便性とオリジナリティを優先してくれるブログであれば、

将来的にアクセス数は増えてくるだろうという見解の元、

審査にOKを出してくれるのではないかと私は考えています。

 

事実、今回アドセンスに合格されたコンサル生さま2名いずれとも

ブログのアクセス数自体はないも同然のレベルでした。

全く0では困るので、その辺りは軽い対策はしましたが・・・

 

よって、アドセンス審査に不合格になった理由として

アクセス数が少ないからという理由はほぼ100%に近い確率でないと推測されます。

 

厳しいアドセンス審査に11月早々2名のコンサル生様が合格!対策と傾向のまとめ

  • アドセンスヘルプフォーラムの情報は鵜呑みにしない
  • ユーザーにとって有益かつオリジナリティの高いブログが審査基準を満たす
  • アクセス数は審査にはあまり関係ない模様

 

このブログでもなんどもお伝えしていますが、

アドセンス審査は基準を満たせば必ず合格します。

ですので、『このまま合格しないんじゃないか・・・』と

落ち込んでしまっている方、ご安心くださいね。

 

ただ以前と比較して、

求められるようになった基準は大幅に上がり厳しくなりました。

 

文章を書きなれている方・ブログ運営歴のある方ならともかく、

ブログ作成自体が全くの初めての方に

アドセンス審査基準を満たすブログをいきなり作ってくださいと言っても

それはかなり難しいかもしれません。

 

正直、アドセンス審査基準を満たしていく対策を

このブログ記事ひとつだけでお伝えできるほど簡単なことでもないのです。

 

ただ、基準を満たせば

アドセンス審査は必ず合格するものであることに変わりはありません。

 

Googleアドセンスの審査スタッフは意地悪で不合格にしているわけではなく、

アドセンスアカウントを価値あるブログに与え、

自社の利益につなげたいからです。

 

今行き詰まっている方はメルマガにてさらに詳しい情報を配信しておりますので、

参考にされてみてくださいね。

 

<追記>

本記事の更新日から一夜明けた3日文化の日に

コンサル生さまがまたもや1名アドセンス審査を通過されました(^^)

アドセンス審査は基準さえ満たせば必ず通過できます。

前向きに頑張っていきましょうね!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)