「トレンドアフィリエイトはどんなビジネス?」「どんな作業をするの?」をはじめとする「」に答えます!事前準備もこちら
トレンドアフィリエイト実践において、まず最初に身につけたい基礎的なスキルはこちら
『そのノウハウはいつのものですか?』メルマガ限定公開!現役トップアフィリエイターのノウハウを手にいれる

アドセンス審査 2016年8月以降合格したい人がまず最初にするべき重要事項

アドセンス審査 2016年8月以降合格したい人がまず最初にするべき重要事項

こんにちは!椎名愛です。

 

2016年春に無料ブログでのアドセンス審査が受けられなくなってから、

2016年7月、8月とアドセンス審査に苦戦している方が

ますます増えている印象です。

 

2016年春にアドセンス審査に合格していたブログの基準では

2016年8月以降審査に合格することが難しいですし、

ともすれば、

2016年7月にアドセンス審査に合格していたブログの基準すら

8月以降の審査では危ういのではないかというのが私の率直な感想です。

 

ですので、これから2016年8月以降にアドセンス審査へ挑戦される方は

出来るだけ新しい情報を仕入れていく必要があります。

 

今回は2016年8月以降にアドセンス審査へ挑戦される方に向けて、

まず最初にするべき重要事項、

『サイトのコンセプト決め』についてシェアしていきたいと思います。

 

Googleアドセンスが『関連性の高い独自コンテンツ』を2016年以降、要求開始!

お申し込みを確認させていただきましたところ、

残念ながら現時点ではアドセンスのご利用が承認されませんでした。

承認されなかった理由は以下の通りです。

引用:『Googleアドセンスお申し込み状況』メール通知

 

アドセンス審査申請後、メールボックスに届いた

Googleアドセンスからの合否通知。

 

アドセンス審査に不合格となった場合、

Googleアドセンスはその理由と

審査に合格するためのヒントを教えてくれます。

 

そこに記載されているのが、以下の文章です。

 

広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。

サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような

独自性と関連性の高いものにしてください。

引用:『Googleアドセンスお申し込み状況』メール通知

 

Googleアドセンスが要求している『関連性の高い独自のコンテンツ』

アドセンスが掲げている

『ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン』という項目に記載されており、

アドセンス広告を掲載するためには

このガイドラインに準拠する必要があると明記してあるのです。

 

実はこの『関連性の高い独自のコンテンツ』

かねてからGoogleが課すペナルティに大いに関係がある要素でした。

※ペナルティ=検索順位が下がる・検索圏外へ飛ばされる

 

ですので、長期的にブログで収益を上げていくためには

追い追い考えていかねばならない要素だったということです。

 

しかし、2016年8月以降はかつて追い追い考えていけば良い要素だった

『関連性の高い独自のコンテンツ』

アドセンス審査の段階から考えていかねばならなくなってきているようです。

 

かつてGoogleアドセンスは日記風の記事数記事で合格できる審査でした。

要するに『関連性の高い独自のコンテンツ』は最近になって要求され始めたのです。

 

つまり、2016年8月以降アドセンス審査に挑戦する方に要求されるもの

=(イコール)『関連性の高い独自のコンテンツ』ということになってきそうですね。

 

2016年8月以降要求される『関連性の高い独自のコンテンツ』とは?

次に『関連性の高い独自のコンテンツ』とは

具体的にどういうコンテンツのことを指すのか考えてみたいと思います。

 

『独自のコンテンツ』とは、

『関連性が高い』という部分よりはわかりやすく、

オリジナリティのある、付加価値を与えているコンテンツということになります。

 

要するに既存のサイトのコピーや似通ったものではなく、

あなたのブログオリジナルのコンテンツ、

あなたのブログでしか提供していないコンテンツにしてくださいね

ということですね。

 

次に『関連性の高いコンテンツ』についてです。

 

Googleアドセンスは主に2つのタイプの広告を表示させていて、

そのうちのひとつがユーザーの閲覧履歴を利用した広告です。

 

通販サイトで商品Aを閲覧した履歴があるユーザーに

商品Aの広告が表示されるといった具合です。

 

もうひとつが『関連性の高いコンテンツ』に大きく関係してくる

サイトの特性を利用した広告です。

 

例えば、ランニングブログがあったとします。

ランニングブログを見ているユーザーは

当然ながらランニングに興味があるユーザーですよね?

 

そういったユーザーには結婚相談所の広告よりも、

ランニング関連商品の広告の方が

広告効果が高いということはお分かりですよね??

 

Googleアドセンス側からすると、

ブログは広告掲載の場所です。

つまり、アドセンス側は広告効果の高いブログが欲しいのです。

 

幅広いジャンルのコンテンツを取り扱っているブログよりも、

ある程度のターゲットを絞ったコンテンツを取り扱っているブログの方が

より高い広告効果を広告主に提供できることでしょう。

 

したがって、

アドセンス側が要求している『関連性の高い独自のコンテンツ』とは、

ターゲットを絞った、

つまりコンセプトが明確なコンテンツということになるかと思います。

 

2016年のアドセンス審査は『コンセプトが明確なブログ』で挑戦!

万人に受けるファミレスがごちゃまぜブログなら、

コンセプトが明確なブログは言わば『猫カフェ』や『漫画喫茶』のようなもの。

 

猫カフェのコンセプトは『猫と触れ合えるカフェ』で

ターゲットは『猫と触れ合いたいお客さん』ですし、

漫画喫茶のコンセプトは『漫画読み放題!』で

お客さんは『漫画が読みたいお客さん』です。

 

このような感じで、

まずはあなたのブログのコンセプトとあなたのブログのターゲットを決めましょう。

 

早速、手順をご紹介しますね。

 

1.ブログのコンセプトを決める

この時、自分の趣味(あまりコアなものは需要がないという点でおすすめしません・・・)

自分の得意分野、書いていて苦にならないジャンルを選ぶと

あとあと楽だと思います。

 

2.そのコンセプトに需要があるのか?需要に応えることができるのか?を探る

前述したようにいくら自分が書きやすいコンセプトだからと言って、

あまりにコアなコンセプトにしてしまうと、

広告掲載場所としてどうなのか?というお話になってきてしまいます。

 

例えば、山の上3丁目に住んでいるからと言って、

『山の上3丁目の激アツスポットを紹介するブログ』を作ったとしても、

山の上3丁目の情報を必要としているユーザーは多くないことが予想され、

Googleアドセンス的にもあまり欲しいブログにはならないからです。

 

ですので、コンセプト候補にある程度の需要と

その需要に応じる力が自分にあるのか?という点を

グッドキーワードというサイトで調べてみましょう。

 

候補例)猫好きなユーザに猫情報を提供するブログ

グッドキーワードにアクセス。『猫』で検索する。

スクリーンショット 2016-09-06 14.57.41 出典:goodkeyword

 

②検索結果に表示されたキーワードの組み合わせは、

実際に一定の検索ボリュームの量があるキーワードの組み合わせです。

スクリーンショット 2016-09-06 15.03.19
出典:goodkeyword

ですので、ここに複数の組み合わせが表示されるキーワードについては

その情報が欲しいユーザーの一定の需要があるということになりますね。

 

③気になるキーワードをクリックし、

その先の3語・4語のキーワードの組み合わせもチェックしてみます。

スクリーンショット 2016-09-06 15.02.23出典:goodkeyword

ざっとチェックして自分が書けそうな内容かどうかを判断します。

 

<注意>

記事の作成には当然ネット検索した情報もつかって構いません。

書けそうかどうかの判断は『おとなしい性格の猫の種類』について

自分の知識だけで書けるか?ということではなく、

ネット情報や自分の意見なども交え

『おとなしい性格の猫の種類』について書くことが苦痛にならないか?ということです。

 

アドセンス審査に向けて、ある程度の記事数が必要なため、

goodkey wordに表示されている

複数のキーワードの組み合わせで書くことが大丈夫そうかも

合わせてチェックしてみてください。

 

④コンセプトが決まったら、サイト名を考えます。

サイト名が決まったら、それに沿ったドメインを取得します。

コンセプトが『猫』なのに、

ドメインが『trendnews.com』などでは違和感がありますよね。

 

⑤ドメインを取得したら、ブログのキャッチコピー・紹介文などを考えます。

 

アドセンス審査 2016年8月以降合格したい人がまず最初にするべき重要事項まとめ

  • 2016年8月以降のアドセンス審査には『関連性の高い独自コンテンツ』が必要
  • まず初めにコンセプトを決定
  • サイト名決定後、それに沿ったドメインを取得

 

今回は2016年8月以降にアドセンス審査合格を目指す方に向けて、

『関連性の高い独自コンテンツ』が要求されること、

そのためにサイトのコンセプト作りが必要なことを解説してきました。

 

既存のアドセンス審査用ブログがある方は

後付けのコンセプトでも良いと思います。

 

現在ある記事を使いまわせるコンセプトにする必要があるので、

一から決めるよりは難しいと思いますが、

使えるもの・使わないものといった感じで取捨選択してみてください。

 

何度もアドセンス審査に落ちてしまうとがっかりしますよね。

その気持ち、よくわかります。

 

しかし、現在のアドセンス審査基準は

長期的にブログで収益を上げ続けるために必須の要素でもあるのです。

追い追いやっていかねばならないことを

早い段階で取り組んでいるのだと頭を切り替えて頑張りたいですね!

 

厳しいアドセンス審査基準を満たして

トレンドアフィリエイト業界に参入してくる方は、

以前と比べてきっと桁違いに収益を上げられる率が上がることと思います。

 

あなたがアドセンスアカウントを取得して、

バシバシ収益を上げる日もすぐそこですよ(^^)

 

他の2016年8月以降のアドセンス審査基準については

これから追ってシェアしていきますね!

 

アドセンス審査について更に詳しいことが知りたい方は

メルマガ登録からお願いします。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)