「トレンドアフィリエイトはどんなビジネス?」「どんな作業をするの?」をはじめとする「」に答えます!事前準備もこちら
トレンドアフィリエイト実践において、まず最初に身につけたい基礎的なスキルはこちら
『そのノウハウはいつのものですか?』メルマガ限定公開!現役トップアフィリエイターのノウハウを手にいれる

トレンドアフィリエイトの連想キーワードをカンニング!スキャンダル編

トレンドアフィリエイトの連想キーワードをカンニング!スキャンダル編

こんにちは、椎名愛です。

今回もトレンドアフィリエイトの

連想キーワードのカンニングについてシェアしていきたいと思います。

 

トレンドアフィリエイトの連想キーワードが

元ネタとなるニュースのジャンルによってパターン化していることは

前回の記事でご説明しました。

 

今回はスキャンダルネタの連想キーワードをカンニングしていきましょう!

 

トレンドアフィリエイト スキャンダル系のネタの連想キーワードパターン

2016年はスキャンダル系のニュースが多かったですね。

一口に「スキャンダルネタ」と言っても、

スキャンダルネタに登場する男女のそれぞれの知名度妻の有無によって

多く検索されるキーワードは違ってきます。

 

そして、過去の正解連想キーワードのカンニングにつかえるのがgoodkeyword

実際に多く検索されたキーワードがわかるgoodkeywordを見ることで

過去の連想キーワードの正解を知ることができます。

 

それでは順番に見ていきましょう!

 

スキャンダル系ネタの連想キーワード 〜不倫〜

スキャンダルの渦中にある本人たちはもちろん、

どちらかが(あるいは両方)が既婚者であった場合はその配偶者にもかなりの注目が集まります。

 

特にその配偶者の知名度が低い場合はなおさらです。

浮気された配偶者がどんな人物なのかに注目があつまります。

 

ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとベッキーさんのように、

知名度が高い者通しのスキャンダル系のネタの場合、

ユーザーはすでに2人ともある程度知っているため、

ユーザーの興味をひきたてるのは表舞台に出てこない一般人である

川谷絵音さんの妻になります。

スクリーンショット 2016-04-17 18.32.46

また、同じパターンでは乙武洋匡さんのスキャンダルでも

乙武洋匡さんの妻に注目が集まりました。

スクリーンショット 2016-04-17 18.43.20

同じパターンでは石井竜也さんの妻にも

同様のサブキーワードが多く検索されていました。

 

不倫スキャンダルで、なおかつ配偶者の知名度が低い場合は、

その配偶者の名前や顔などに注目が集まることを覚えておきましょう。

 

スキャンダル系ネタの連想キーワード 〜浮気(不倫)相手〜

川谷絵音さんとベッキーさんのように

どちらもある程度の知名度がある場合と違って、

浮気(不倫)相手が知名度が低い人物であった場合は

その人物に対しての注目度があがります

 

このパターンのスキャンダルネタだったのが、

宮崎謙介元議員の不倫スキャンダルと狩野英孝さんの二股スキャンダルです。

 

この場合、どちらも妻(本命と言われている女性)は知名度のある人物だったため、

注目が集まったのは知名度が低い不倫(浮気)相手の女性でした。

スクリーンショット 2016-04-17 20.53.29 スクリーンショット 2016-04-17 20.53.59

この場合、注目したいのが時間経過に伴うキーワードの変化です。

 

相手の名前が出ていないうちは、

メインキーワード「宮崎謙介」「狩野英孝」

サブキーワード「女性タレント」「彼女」の組み合わせで検索されますが、

やがて時間の経過とともに相手の名前が出てからは

相手の名前がサブキーワードとして検索されるか、

あるいはメインキーワードとして検索されます

 

<例>

第一報配信

ユーザーの興味:「宮崎謙介の不倫相手の女性タレントって誰?」

検索される連想キーワード:「宮崎謙介 女性タレント」

不倫相手の名前発覚

ユーザーの興味:「宮沢麿由って何者?」

検索される連想キーワード:「宮崎謙介 宮沢麿由」「宮沢麿由 画像(写真)経歴など」

 

なので、この場合の正解連想キーワードは、

メインキーワード(宮崎謙介・狩野英孝)」+「彼女・女性タレント

+「彼女・女性タレントの名前ですね。

 

タイトルをこのように設定することによって、

相手の名前が出てからのユーザーの検索にも対応可能になります。

 

なお、相手の名前が出た時点で、検索上位から外れていた場合は、

新たに相手の名前をメインキーワードに設定し、記事を投入します。

 

 

スキャンダル系のネタの連想キーワードパターンまとめ

・知名度が低い人物に注目が集まる

・浮気(不倫)相手の名前が出てからは、相手の名前がメインキーワードに変化

 

前回の有名人と知名度低の人物との結婚と同じように、

スキャンダル系のネタでも注目が集まるのは

知名度の低い配偶者か、知名度の低い浮気(不倫)相手です。

 

また、相手の名前が出てから、

タイトルに元のメインキーワード(宮崎謙介・狩野英孝)を入れなくても大丈夫です。

 

初心者さんのうちは、相手の名前が出てからも、

元のメインキーワードと相手の名前をセットで狙おうとする方が多いですが、

この2つは大手ニュースサイトや大型掲示板系サイトも参入してくる激戦区となりますので、

相手の名前をメインキーワードに絞ったほうが得策です。

 

連想キーワードのパターンはまだまだあります!

また追って、シェアさせていただきますね。

 

2016年に入って、スキャンダル系のネタに限らず、

経歴詐称・不正などのジャンルも含めて、

いままで表に出てこなかったものが

表ざたになるということが続いていると思いませんか??

 

 

きっとこれからもスキャンダル系のネタはどんどん出てくるでしょう。

その際は今回カンニングしてストックしておいた

連想キーワードの型に当てはめるだけですね!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたから次の方へ、シェアしていただけると嬉しいです(^^)

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)