「トレンドアフィリエイトはどんなビジネス?」「どんな作業をするの?」をはじめとする「」に答えます!事前準備もこちら
トレンドアフィリエイト実践において、まず最初に身につけたい基礎的なスキルはこちら
『そのノウハウはいつのものですか?』メルマガ限定公開!現役トップアフィリエイターのノウハウを手にいれる

トレンドアフィリエイトで2016年も稼ぎ続けている私がこれから必要だと思うこと

トレンドアフィリエイトで2016年も稼ぎ続けている私がこれから必要だと思うこと

こんにちは、椎名愛です。

今回はトレンドアフィリエイトで2016年も

引き続き稼ぐ続けるために必要なこと、

2016年こそ稼げるようになるために必要なことをシェアしていきたいと思います。

 

トレンドアフィリエイトは稼げないという情報もあるみたいなので、

これから始めてみようかと思っているけど遅すぎたのかなと思っている方や、

現在実践中であまり稼げていないため、

稼げないという確信を強めている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

でも、そんなことは全くないのでどうぞご心配なく(^^)

 

2016年も引き続きトレンドアフォイリエイトで

収益をあげ続けている私椎名愛が考える、

2016年もトレンドアフィリエイトで収益をあげていくために

必要なことをまとめてみました。

 

2016年までのトレンドアフィリエイトで稼ぎ続けられた方法が通用しなくなってくる?!

ざっくり言うと、

トレンドアフィリエイトはブログを更新し、

ブログに広告を設置することで広告収入を得るというビジネスです。

 

誰も通らないような路地裏に広告を出したいという広告主が

リアルの世界で1人もいないように、

ネットの世界でも多くの人の目につき、

気に留めてもらえるようなところにみなさん広告を出したいですよね。

 

トレンドアフィリエイトで扱うネタは尽きることがない上に、

多くの注目を集めることができるので、その分多くのアクセスを集めることができ、

広告主は多くのユーザーに広告を見てもらうことが可能になります。

 

そういった意味でアドセンス広告とトレンドブログの相性は

とても良いもの。

 

また、トレンドアフィリエイトのアドセンス収入は

アクセス数に比例して上がっていくので、

2016年までのトレンドアフィリエイトの手法は

アクセス数を集めることだけに重点が置かれていました。

 

また、それでも大きな収益を上げることは可能だったので、

その手法が稼げる手法として広がっていったのだと考えます。

 

それで収益が上がっていれば、他の部分に手を抜くことは

作業の効率化に当たるのでなんら問題はなかったのですが、

2016年に近づくにつれて、ますます問題が起きるようになってきています。

 

それが、Googleの手動ペナルティです。

Googleが目指しているのは、使いやすい検索エンジンです。

ユーザーが求めている有益なコンテンツにきちんとユーザーがたどり着ける

検索エンジンのことです。

 

 

そのことを邪魔するとGoogleに判断されたサイトが

検索圏外に追いやられるのが、手動ペナルティというものです。

 

検索圏外に追いやられたとしても、

サイト自体が見られない状態になるわけではないので、

アクセスさえ集めることができれば収益をあげ続けることは可能です。

 

しかし、トレンドブログを訪れるユーザーのほぼ全てが

検索エンジン経由のユーザーであるため、

手動ペナルティを受けてしまうと、対象のサイトからの収入はほぼ0になってしまうのです。

 

多くのトレンドアブログが手動ペナルティを受けているということから、

トレンドアフィリエイトで2016年稼ぎ続けていくことは難しい

という話が生まれたのだと思います。

2016年以降トレンドブログは全滅?アフィリエイト収入をあげ続けているブログ

Googleが手動ペナルティを課すいくつかの理由の中で、

トレンドブログが受けることが多い理由のナンバー1は

「価値のない質の低いコンテンツ」というものです。

 

そもそも価値のない低いコンテンツという基準自体が

非常に主観による要素が大きいので、

明確な基準がGoogle側から発表されることはありません。

 

手動ペナルティというだけに、

(※自動ペナルティというものもありますが、

トレンドアフィリエイトにはあまり関係ないものなので触れません)

ペナルティを課す際は、Googleのスタッフが目視でサイトを確認します。

 

しかし、そのコンテンツをしっかり読んでくれていることはないと考えています。

なぜなら、まず審査対象サイトの量が莫大すぎること、

先ほど触れたように価値がないかあるかは

人それぞれの主観によるものが大きいと思うからです。

 

しかし、そこには必ずある基準がありますよね。

それが何なのか?

 

Googleが明確な基準を公表しているわけではないので、

推測するしかないのですが、

実際にトレンドアフィリエイトを実践しているブログで

収益をあげ続けているブログが存在することから、

そこにある基準があることは間違いないですね。

 

その部分を探り、

それらの要素を従来のアクセス数を集める手法にプラスしていくことが、

2016年以降もトレンドアフィリエイトで稼ぐために必要なことなのです。

 

2016年トレンドアフィリエイトで稼ぎ続けるために必要なこと

結論からお伝えすると、

2016年以降もトレンドアフィリエイトで稼ぎ続けるために必要であると

私が考えるのは以下の要素です。

 

・記事の濃さ・文字数(ユーザーの滞在時間を増やす

・記事の読みやすさ・分かりやすさ(離脱率を下げる)

見た目のクオリティ

 

順番に解説していきます。

基本的に手動ペナルティを課すGoogle側のスタッフは

ほとんど記事の内容を読んでくれていないと考えますので、

内容の面白さ、つまりユーザーにとっての有益性という判断

なんらかの情報をもとにしていると思われます。

 

それが何かというと、

やはりユーザーの滞在時間や離脱率だと思うのです。

 

わざわざ検索するという行動を起こし、

サイトに辿り着いたにもかかわらず、

多くのユーザーが読まない、すぐにそのページから去っていくサイトは

「価値のない質の低いコンテンツ」である可能性がとても高いですよね。

 

なので、滞在時間を増やすために文字数を増やし、

単純に読み終わる時間を長くすること、

離脱率を下げるために

ユーザーに最後まで読んでもらえるような面白いコンテンツにする必要があります。

 

また、どんなに工夫したオリジナリティがある記事でも、

読みにくければユーザーが読んでくれることはありません。

 

適度に改行したり、より読みやすい文章にするため、

文語体より口語体の方がいいのではないかと個人的には思っています。

 

イメージとしては、

中学生くらいの普段全く読書をしない子たちが

読んでいて苦痛に感じないくらいレベルで、

大人が読んでも苦痛を感じないくらいの

正しい文法や表現を使った方がいいかもしれないですね。

 

最後に見た目のオリジナリティというのも大事な要素です。

まずトップページの外観には特にこだわった方がいいと思います。

 

先ほど触れたように、ペナルティを課す際の基準のひとつが目視なので、

ぱっと見が大事だと推測されるからです。

 

これも表現が非常に難しいのですが、

それぞれの可能な範囲で見やすい万人受する外観をつくってみてください。

 

トレンドアフィリエイトで2016年も稼ぎ続けるために必要なこと

・アクセス数を集める手法

×(かける)

・記事の濃さ・文字数(ユーザーの滞在時間を増やす

・記事の読みやすさ・分かりやすさ(離脱率を下げる)

見た目のクオリティ

 

以上の考えは、今現在もトレンドアフィリエイトを実践している私が

実践しながら肌で感じたことです。

 

繰り返しになりますが、

価値のない質の低いコンテンツの明確な基準がない以上、

ペナルティを受けていないブログと受けたブログの違いや

人がいちいち内容を読まなくても

ユーザーにとって有益性が低いものであると判断可能なデータは何か

ということを探るしかありません。

 

 

ペナルティの危険性があるからトレンドアフィリエイトは稼げないではなく、

ペナルティがあるからこそ、そのあたりを真剣に探ったブログが生き残り、

ライバルが淘汰された分稼ぎやすくなっていくのではないかなと思います。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたから次の方へ、シェアしていただけると嬉しいです(^^)

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)